About us

医薬品を適正に使用する上で,製造販売承認を受けた時点での医薬品情報は十分ではありません.そのため,市販後に見出されるさまざまな課題(医薬品の有効性・安全性情報,インシデント・アクシデント事例,ニーズ等)を解決し,得られた新しい情報を付加してより正しく安全に医薬品を使っていくこと,それらの情報を創薬にフィードバックすることが重要です.このサイクルをしっかりとまわすことによって医薬品の適正使用と育薬を推進していくことが,医療現場においても,そして医薬品にとっても望ましい姿であると考えられます.
医薬品情報学講座では,医薬品情報学を学術基盤としながら,医薬品適正使用と育薬の推進を目標として,臨床現場における諸課題(=市販後情報)を効率的に見つけ出す仕組みを新たに作り,そこから見つけ出した課題を種々のアプローチで解決し,最終的には新規の医薬品情報やシステムの実装といった形で臨床現場に還元したり,医薬品の改良・進化の提案につなげることを目指します.

News

Sep.2022

新メンバーとして,薬学科4年生が10名,薬科学科3年生が2名加わり,卒業研究を開始しました!
医薬品情報学講座メンバーでガイダンスを行い,新学期のスタートを切りました!(撮影時のみマスクを外しています)

イメージ
Jul.2022

卒業生の大島央子さん,角田望君,木﨑助教が取り組んだ研究成果が,臨床薬理誌でpublishされました!(東京大学大学院情報学環,東京慈恵会医科大学,大分大学との共同研究)

木﨑速人,角田望,大島央子,石﨑雅人,野呂幾久子,飯岡緒美,中野重行,堀里子.臨床研究コーディネーターが治験における被験者ケアにおいて抱える課題の抽出:フォーカスグループインタビュー法を用いた研究. 臨床薬理. 2022 Jul;53(4):p.137-145. doi 10.3999/jscpt.53.4_137


論文へのリンク

Jul.2022

医療薬学フォーラム2022がオンラインで開催されました.本講座からは薬科学科4年の渡部哲君,薬学博士課程1年の池上慶祐君,木﨑速人助教がポスター発表を行いました.

渡部哲,渡邊知生,矢田竣太郎,荒牧英治,木﨑速人,堀里子
「自然言語処理モデルBERTを用いた乳がん患者の悩みマルチラベル分類器の患者語りテキストへの応用」(奈良先端科学技術大学院大学との共同研究)

池上慶祐,齊藤愛実,木﨑速人,橋口正行,安室修,舟越亮寛,堀里子
「固形癌骨転移患者に対するGrade2以上のデノスマブ誘発性低Ca血症発症リスク予測法の検討」(亀田総合病院薬剤部との共同研究)

木﨑速人,井上紗菜,山田真里,塚本真歩,佐々木恵,坂本健太郎,池田裕樹,宮本興治,飯野温,堀里子
「都市部薬局による中山間地域への健康サポートに向けた,住民の健康状態の実態調査」(協和ケミカル株式会社,愛知県豊根村との共同研究)
 

Jul.2022

第24回日本医薬品情報学会総会・学術大会がオンラインで開催されました.本講座からは薬学科6年の大上愛由さん,卒業生の志佐麗奈さん,木﨑速人助教がポスター発表を行いました.
本学術大会では,一般社団法人くすりの適正使用協議会理事長 俵木登美子氏と堀教授がオーガナイザー・座長を務めたシンポジウム「患者と医療者のコミュニケーション促進のための医療用医薬品情報の活用に向けて」も開催されました. シンポジウム内容へのリンク

大上愛由,木﨑速人,堀里子
「消費者を対象としたオンラインでの健康や病気に関する相談の実態調査」

志佐麗奈,木﨑速人,橋口正行,堀里子
「診療データベースを用いた免疫チェックポイント阻害薬による間質性肺炎の危険因子解析」

木﨑速人,橋口正行,堀里子
「オンラインを用いた医薬品情報実習の実践と評価」

Jun.2022

卒業生の加世田大悟君が取り組んだ研究成果が,International Journal of clinical pharmacology and therapeutics誌でpublishされました!

Kaseda D, Hashiguchi M, Kizaki H, Hori S. Latent class analysis of patients' background factors affecting the risk of specific adverse drug reactions to dipeptidyl peptidase 4 inhibitors. Int J Clin Pharmacol Ther. 2022 Jun 17. doi: 10.5414/CP204192.


論文へのリンク

Jun.2022

日本医療薬学会第5回フレッシャーズ・カンファランスが武蔵野大学で開催されました.本講座からは薬学科6年の鈴木志門君,修士1年の淺野真輝君,博士1年の岡澤優太君,博士2年の飯野温君が口頭発表を行いました.

鈴木志門,今井俊吾,橋口正行,木﨑速人,堀里子
「ワクチンの市販後安全性監視におけるシグナル検出法の検討」
 

淺野真輝,渡邊知生,矢田竣太郎,荒牧英治,矢島弘士,西岡諭史,木﨑速人,堀里子
「自然言語処理を用いた乳がん患者ブログ記述内容の特徴分析」(奈良先端科学技術大学院大学,株式会社メディエイドとの共同研究)
 

岡澤優太,木﨑速人,鈴木信行,堀里子
「インタビュー調査を用いた患者コミュニティへの参加が健康意識に及ぼす影響の探索」
 

飯野温,木﨑速人,堀里子
「線形/非線形モデルを用いた患者アドヒアランスの質的素因と服薬状況の関連性解析」
 

イメージ
May.2022

卒業生の明貝怜美さん,澤井夏海さんが取り組んだ研究成果が,医薬品情報学誌でpublishされました!(東京大学,共創未来太田薬局との共同研究)

明貝 怜美, 澤井 夏海, 須藤 洋行, 佐藤 宏樹, 藤田 行代志, 三島 八重子, 木﨑 速人, 堀 里子, 澤田 康文. 保険薬局の薬剤師によるがん薬物療法に関する疑義照会の実態調査. 医薬品情報学. 2022 May 31;24(1):p.11-16.doi 10.11256/jjdi.24.1


論文へのリンク

Jun.2022

卒業生の渡邉知生さんが取り組んだ研究成果が,JMIR Cancer 誌でpublishされました!(奈良先端科学技術大学院大学,株式会社メディエイドとの共同研究)

Watanabe T, Yada S, Aramaki E, Yajima H, Kizaki H, Hori S. Extracting Multiple Worries From Breast Cancer Patient Blogs Using Multilabel Classification With the Natural Language Processing Model Bidirectional Encoder Representations From Transformers: Infodemiology Study of Blogs. JMIR Cancer. 2022 Jun 3;8(2):e37840. doi: 10.2196/37840.


論文へのリンク

May.2022

博士2年の西岡諭史君が中心に取り組んだ研究成果が,PLoS One 誌でpublishされました!(奈良先端科学技術大学院大学,株式会社メディエイドとの共同研究)

Satoshi Nishioka, Tomomi Watanabe, Masaki Asano, Tatsunori Yamamoto, Kazuyoshi Kawakami, Shuntaro Yada, Eiji Aramaki, Hiroshi Yajima, Hayato Kizaki, Satoko Hori.Identification of hand-foot syndrome from cancer patients’ blog posts: BERT-based deep-learning approach to detect potential adverse drug reaction symptoms. PLoS One. 2022 May 4;17(5):e0267901.


論文へのリンク

Apr.2022

木崎助教が取り組んだ研究成果が,BMC Geriatrtrics 誌でpublishされました!(SOMPOケア株式会社,東京大学との共同研究)

Hayato Kizaki, Daisuke Yamamoto, Hiroki Satoh, Kotaro Masuko, Hideyuki Maki, Yukari Konishi, Satoko Hori, Yasufumi Sawada.Analysis of contributory factors to incidents related to medication assistance for residents taking medicines in residential care homes for the elderly: a qualitative interview survey with care home staff. BMC Geriatr. 2022 Apr 22;22(1):352.


論文へのリンク

Apr.2022

博士2年の飯野温君が取り組んだ研究成果が,PLoS One誌でpublishされました!

Haru Iino, Masayuki Hashiguchi, Satoko Hori.Estimating the range of incremental cost-effectiveness thresholds for healthcare based on willingness to pay and GDP per capita: A systematic review. PLoS One. 2022 Apr 14;17(4):e0266934.


論文へのリンク

Apr.2022

卒業生の中川翼さんが医学部で取り組んだ研究成果が,PLoS One誌でPublishされました!(医学部領域横断イノベーション精神医学研究室での医薬連携研究)

Yasue Mitsukura, Yuuki Tazawa, Risa Nakamura, Brian Sumali, Tsubasa Nakagawa, Satoko Hori, Masaru Mimura, Taishiro Kishimoto.Characteristics of single-channel electroencephalogram in depression during conversation with noise reduction technology. PLoS One. 2022 Apr 13;17(4):e0266518.


論文へのリンク

Apr.2022

博士1年の池上慶祐君が卒業研究で取り組んだ研究成果が,Journal of Clinical Pharmacology 誌でpublishされました!(亀田総合病院との共同研究)

Keisuke Ikegami, Masayuki Hashiguchi, Hayato Kizaki, Osamu Yasumuro, Ryohkan Funakoshi, Satoko Hori.Development of Risk Prediction Model for Grade 2 or Higher Hypocalcemia in Bone Metastasis Patients Treated with Denosumab plus Cholecalciferol (Vitamin D3)/Ca Supplement. J Clin Pharmacol. 2022 April 5.


論文へのリンク

Apr.2022

今井 俊吾 専任講師が着任いたしました!また,修士課程学生2名と博士課程学生3名も新たに加わり,新学期がスタートしました!(撮影時のみマスクを外しています)

イメージ
Mar. 2022

日本薬学会第142年会がオンラインで開催されました.本講座からは,薬学科6年の川上未知君が口頭発表を行いました.

川上未知,木﨑速人,矢野良太郎,山村真一,吉岡ゆうこ,鈴木順子,宮本光雄,藤田道男,堀里子
「保険薬局における薬剤師による患者フォローアップの実態調査」(薬局団体連絡協議会との共同研究)
web要旨  

Mar.2022

ご卒業おめでとうございます!(撮影時のみマスクを外しています)

【薬学科卒業生】 大日本住友製薬/佐藤製薬/慶應義塾大学病院/スギ薬局/アイリスファーマ/エイツーヘルスケア/野村證券/大学院進学(医薬品情報学講座)
【薬科学科卒業生】 大学院進学(医薬品情報学講座)/花王

イメージ
Mar. 2022

堀教授のインタビュー記事が,6年制薬学ガイド2023に掲載されました!以下のリンクを御覧ください(許諾を得て転載).

詳細
Feb.2022

薬科学科4年生の卒業論文が完成しました!3年生の後期から実施してきた研究活動の成果を,卒業研究の集大成として発表しました.(撮影時のみマスクを外しています)

詳細
イメージ
Jan.2022

卒業生の松本優作君,木崎助教が取り組んだ研究が,Drug Discoveries & Therapeutics 誌でpublishされました!(協和ケミカル株式会社,株式会社ミナカラとの共同研究)

Yusaku Matsumoto, Hayato Kizaki, Yuki Ikeda, Shohei Nakamura, Shinya Kina, Takanori Nagai, Takafumi Nasu, Koji Miyamoto, Satoko Hori.Telepharmacy in mountainous depopulated areas of Japan: an exploratory interview study of patients' perspectives. Drug Discov Ther. 2022 Jan 15;15(6):337-340.


論文へのリンク

Dec.2021

木崎助教が取り組んだ研究が,BMC Health Services Research誌でpublishされました!(東京大学薬学部,株式会社アインホールディングスとの共同研究)

Kizaki H, Mochizuki M, Yoshida Y, Ishikawa K, Ohishi M, Satoh H, Sawada Y, Hori S. Information provision and retrieval by registered salespersons from consumers during over-the-counter drug sales – a questionnaire survey. BMC Health Serv Res. 2021 Dec 13;21(1):1333.


論文へのリンク

Nov.2021

薬学科6年生の卒業論文が完成しました!4年生の後期から実施してきた研究活動の成果を,卒業研究の集大成として発表しました.

詳細
イメージ
Nov.2021

第16回 医療の質・安全学会学術集会がオンライン開催されました.本講座大学院生の吉川康大君が実施した研究の成果が,口頭発表されました.

吉川康大,上村忠聖,佐川晴香,鈴木信也,林誠一,木﨑速人,堀里子
「医薬品類似度評価指標を活用した調剤時における薬剤取違えの要因分析」(けいゆう病院との共同研究)
医療の質・安全学会学術集会サイト  

Nov.2021

第41回 医療情報学連合大会(第22回日本医療情報学会学術大会)が開催されました.本講座大学院生の西岡諭史君が実施した研究の成果が,口頭発表されました.

西岡諭史, 渡邉知生, 淺野真輝, 川上和宜, 矢田竣太郎, 荒牧英治, 矢島弘士, 木崎速人, 堀里子
「自然言語処理を用いた患者ブログからの手足症候群発症ユーザー抽出手法の構築」(奈良先端科学技術大学院大学,株式会社メディエイドとの共同研究)
医療情報学連合大会サイト  

Oct.2021

ISPE's 13th Asian Conference on Pharmacoepidemiology(ACPE2021) がハイブリッド開催されました.本講座から,薬学科6年の池上慶祐君が,e-Posterによる発表を行いました.本研究成果は,Spotlight posterに選出されました!

Keisuke Ikegami, Masayuki Hashiguchi, Hayato Kizaki, Osamu Yasumuro, Ryohkan Funakoshi, Satoko Hori
「Development of Risk Prediction Model for Hypocalcemia in Bone Metastasis Patients Treated with Denosumab plus Natural Vitamin D/Ca Supplement」(亀田総合病院との共同研究)
学会webサイト  

イメージ
Oct.2021

第31回日本医療薬学会がオンライン開催されました.本講座大学院修了生の茶谷良一君が実施した研究の成果が,口頭発表されました.

上村 忠聖,茶谷 良一,鈴木 信也,小松原 江里子,林 誠一,橋口 正行,木崎 速人,堀 里子
「非イオン性ヨード造影剤の副作用発症のリスク因子解析」(けいゆう病院との共同研究)
日本医療薬学会サイト  

ACCESS

住所

〒105-8512 東京都港区芝公園1-5-30 3号館 5F 503/506

交通アクセス

浜松町駅(JR山手線/JR京浜東北線)徒歩10分
御成門駅(都営地下鉄三田線)徒歩2分
大門駅(都営地下鉄浅草線/都営地下鉄大江戸線)徒歩6分