医薬品情報学講座の研究室見学(オンライン)を希望する薬学科4年生・薬科学科3年生はこちらを御覧ください.

なお,学内限定で,医薬品情報学講座の研究室紹介動画を公開しています.

About us

医薬品を適正に使用する上で,製造販売承認を受けた時点での医薬品情報は十分ではありません.そのため,市販後に見出されるさまざまな課題(医薬品の有効性・安全性情報,インシデント・アクシデント事例,ニーズ等)を解決し,得られた新しい情報を付加してより正しく安全に医薬品を使っていくこと,それらの情報を創薬にフィードバックすることが重要です.このサイクルをしっかりとまわすことによって医薬品の適正使用と育薬を推進していくことが,医療現場においても,そして医薬品にとっても望ましい姿であると考えられます.
医薬品情報学講座では,医薬品情報学を学術基盤としながら,医薬品適正使用と育薬の推進を目標として,臨床現場における諸課題(=市販後情報)を効率的に見つけ出す仕組みを新たに作り,そこから見つけ出した課題を種々のアプローチで解決し,最終的には新規の医薬品情報やシステムの実装といった形で臨床現場に還元したり,医薬品の改良・進化の提案につなげることを目指します.

News

口腔・咽頭内で使用できる外用薬
Jun. 2020

堀教授が執筆した「口腔・咽頭内で使用できる外用薬」に関する記事がJOHNS36巻6号(6月号)に掲載されました.

詳細
柑橘類の摂取と薬剤服用の問題点
Apr. 2020

堀教授が執筆した「柑橘類の摂取と薬剤服用の問題点は?」に関する記事が週刊日本医事新報No.5007に掲載されました.

詳細
2020年度スタート
Apr. 2020

M1で新しいメンバーが1人加わりました!
医薬品情報学講座メンバーでオンラインガイダンスを行い,新年度のスタートを切りました!

イメージ
2019年度 卒業生
Mar. 2020

ご卒業おめでとうございます!
【薬学科卒業生】 都立多摩総合医療センター/中外製薬/塩野義製薬/イーピーエス/ディー・エヌ・エー 他
【薬科学科卒業生】 大学院進学(医薬品情報学講座)

イメージ
6年制薬学ガイド2021
Mar. 2020

堀教授のインタビュー記事が,6年制薬学ガイド2021に掲載されました!以下のリンクを御覧ください(許諾を得て転載).

詳細
日本薬学会第140年会
Mar. 2020

日本薬学会第140年会が京都で開催予定でしたが,コロナウイルスの影響により中止となってしまいました.年会の発表としては成立しており,本講座からは,薬科学科4年の松本優作君,薬学科6年の太田十夢君,木﨑速人助教の研究成果が口頭発表されました.また,堀教授が関わった研究テーマも口頭発表されました.松本優作君の研究成果は,報道機関向けの講演ハイライトに選ばれました!

松本優作,木﨑速人,池田裕樹,仲村昌平,喜納信也,永井尭範,那須隆史,宮本興治,堀里子
「オンライン服薬指導を受ける患者から見たその利点や課題点:半構造化インタビューによる探索的調査」(協和ケミカル株式会社,株式会社ミナカラとの共同研究)
web要旨  

太田十夢,木﨑速人,藤村佳美,清川晶子,小湊英範,佐藤宏樹,澤田康文,堀里子
「管理栄養士及び薬剤師を対象とした保険薬局における栄養相談の実態調査」(東京大学,I&H株式会社との共同研究)
web要旨  

木﨑速人,望月美里,堀里子,佐藤宏樹,吉田豊,石川香織,大石美也,澤田康文
「一般用医薬品販売における登録販売者ー消費者間の情報収集・提供に影響を与える因子の解析」(東京大学,株式会社アインファーマシーズとの共同研究)
web要旨

吉田豊,望月美里,堀里子,三木晶子,佐藤宏樹,石川香織,大石美也,澤田康文
「登録販売者を対象としたワークショップ型研修プログラムの開発」(東京大学,株式会社アインファーマシーズとの共同研究)
web要旨

ACCESS

住所

〒105-8512 東京都港区芝公園1-5-30 3号館 5F 503/506

交通アクセス

浜松町駅(JR山手線/JR京浜東北線)徒歩10分
御成門駅(都営地下鉄三田線)徒歩2分
大門駅(都営地下鉄浅草線/都営地下鉄大江戸線)徒歩6分