2022

原著論文(英文)

  • Matsumoto Y, Kizaki H, Ikeda Y, Nakamura S, Kina S, Nagai T, Nasu T, Miyamoto K, Hori S. Telepharmacy in mountainous depopulated areas of Japan: an exploratory interview study of patients' perspectives. Drug Discov Ther. 2022 Jan 15;15(6):337-340.doi: 10.5582/ddt.2021.01102.
  • Ikegami K, Hashiguchi M, Kizaki H, Yasumuro O, Funakoshi R, Hori S. Development of Risk Prediction Model for Grade 2 or Higher Hypocalcemia in Patients With Bone Metastasis Treated With Denosumab Plus Cholecalciferol (Vitamin D3 )/Calcium Supplement. J Clin Pharmacol. 2022 Apr 5. doi: 10.1002/jcph.2057.
  • Mitsukura Y, Tazawa Y, Nakamura R, Sumali B, Nakagawa T, Hori S, Mimura M, Kishimoto T. Characteristics of single-channel electroencephalogram in depression during conversation with noise reduction technology. PLoS One. 2022 Apr 13;17(4):e0266518. doi: 10.1371/journal.pone.0266518.
  • Iino H, Hashiguchi M, Hori S. Estimating the range of incremental cost-effectiveness thresholds for healthcare based on willingness to pay and GDP per capita: A systematic review. PLoS One. 2022 Apr 14;17(4):e0266934. doi: 10.1371/journal.pone.0266934.
  • Kizaki H, Yamamoto D, Satoh H, Masuko K, Maki H, Konishi Y, Hori S, Sawada Y. Analysis of contributory factors to incidents related to medication assistance for residents taking medicines in residential care homes for the elderly: a qualitative interview survey with care home staff. BMC Geriatr. 2022 Apr 22;22(1):352. doi: 10.1186/s12877-022-03016-4.
  • Nishioka S, Watanabe T, Asano M, Yamamoto T, Kawakami K, Yada S, Aramaki E, Yajima H, Kizaki H, Hori S. Identification of hand-foot syndrome from cancer patients' blog posts: BERT-based deep-learning approach to detect potential adverse drug reaction symptoms. PLoS One. 2022 May 4;17(5):e0267901. doi: 10.1371/journal.pone.0267901.
  • Watanabe T, Yada S, Aramaki E, Yajima H, Kizaki H, Hori S. Extracting Multiple Worries From Breast Cancer Patient Blogs Using Multilabel Classification With the Natural Language Processing Model Bidirectional Encoder Representations From Transformers: Infodemiology Study of Blogs. JMIR Cancer. 2022 Jun 3;8(2):e37840. doi: 10.2196/37840.
  • Kaseda D, Hashiguchi M, Kizaki H, Hori S. Latent class analysis of patients' background factors affecting the risk of specific adverse drug reactions to dipeptidyl peptidase 4 inhibitors. Int J Clin Pharmacol Ther. 2022 Jun 17. doi: 10.5414/CP204192.

原著論文(邦文)

  • 土屋雅美,河添 仁,大西友美子,島田美樹,堀 里子. 多様な進路・働き方における薬剤師のキャリアパスに対する意識調査. 医療薬学.2022;48(6): 249-258.
  • 明貝 怜美, 澤井 夏海, 須藤 洋行, 佐藤 宏樹, 藤田 行代志, 三島 八重子, 木﨑 速人, 堀 里子, 澤田 康文. 保険薬局の薬剤師によるがん薬物療法に関する疑義照会の実態調査. 医薬品情報学. 2022 Jun 11;24(1):p.11-16.


国内学会発表

  • 西山智弘, 矢田竣太郎, 若宮翔子, 堀 里子, 荒牧英治.ソーシャルメディアにおける服薬ノンコンプライアンス発言の分類と化学構造類似度を用いたコーパス可搬性の検討.言語処理学会第28回年次大会,2022年3月(口頭発表・オンライン)
  • 川上未知,木﨑速人,矢野良太郎,山村真一,吉岡ゆうこ,鈴木順子,宮本光雄,藤田道男,堀里子.保険薬局における薬剤師による患者フォローアップの実態調査.日本薬学会第142年会,名古屋,2022年3月(口頭発表・オンライン)
  • 鈴木志門,今井俊吾,橋口正行,木﨑速人,堀里子.ワクチンの市販後安全性監視におけるシグナル検出法の検討.日本医療薬学会 第5回フレッシャーズカンファランス,2022年6月(口頭発表・東京)
  • 淺野真輝,渡邊知生,矢田竣太郎,荒牧英治,矢島弘士,西岡諭史,木﨑速人,堀里子.自然言語処理を用いた乳がん患者ブログ記述内容の特徴分析.日本医療薬学会 第5回フレッシャーズカンファランス,2022年6月(口頭発表・東京)
  • 岡澤優太,木﨑速人,鈴木信行,堀里子.インタビュー調査を用いた患者コミュニティへの参加が健康意識に及ぼす影響の探索.日本医療薬学会 第5回フレッシャーズカンファランス,2022年6月(口頭発表・東京)
  • 飯野温,木﨑速人,堀里子.線形/非線形モデルを用いた患者アドヒアランスの質的素因と服薬状況の関連性解析.日本医療薬学会 第5回フレッシャーズカンファランス,2022年6月(口頭発表・東京)
  • 大上愛由,木﨑速人,堀里子.消費者を対象としたオンラインでの健康や病気に関する相談の実態調査.第24回医薬品情報学会総会・学術大会,2022年7月(ポスター発表・オンライン)
  • 志佐麗奈,木﨑速人,橋口正行,堀里子.診療データベースを用いた免疫チェックポイント阻害薬による間質性肺炎の危険因子解析.第24回医薬品情報学会総会・学術大会,2022年7月(ポスター発表・オンライン)
  • 木﨑速人,橋口正行,堀里子.オンラインを用いた医薬品情報実習の実践と評価.第24回医薬品情報学会総会・学術大会,2022年7月(ポスター発表・オンライン)
  • 渡部哲,渡邊知生,矢田竣太郎,荒牧英治,木﨑速人,堀里子.自然言語処理モデルBERTを用いた乳がん患者の悩みマルチラベル分類器の患者語りテキストへの応用.医療薬学フォーラム2022,2022年7月(ポスター発表・オンライン)
  • 池上慶祐,齊藤愛実,木﨑速人,橋口正行,安室修,舟越亮寛,堀里子.固形癌骨転移患者に対するGrade2以上のデノスマブ誘発性低Ca血症発症リスク予測法の検討.医療薬学フォーラム2022,2022年7月(ポスター発表・オンライン)
  • 木﨑速人,井上紗菜,山田真里,塚本真歩,佐々木恵,坂本健太郎,池田裕樹,宮本興治,飯野温,堀里子.都市部薬局による中山間地域への健康サポートに向けた,住民の健康状態の実態調査.医療薬学フォーラム2022,2022年7月(ポスター発表・オンライン)


2021

原著論文(英文)

  • Yokogawa N, Ohno-Tanaka A, Hashiguchi M, Shimizu M, Ozawa H, Ueno S, Shinoda K, Browning DJ. Early-Onset Hydroxychloroquine Retinopathy and a Possible Relationship to Blood Levels: Comment on the Article by Petri et al.Arthritis Rheumatol . 2021 Feb;73(2):358-359. doi: 10.1002/art.41497. Epub 2021 Jan 1.
  • Kabeya K, Satoh H, Hori S, Sawada Y. Experimental Study on Patient Preferences Regarding the Shape and Size of Medical Tablets and Capsules Using Three-Dimensionally Printed Plastic Model Formulations. Patient Prefer Adherence. 2021 Apr 28;15:863-870. doi: 10.2147/PPA.S306582.
  • Kido K, Ghaffar YA, Lee JC, Bianco C, Shimizu M, Shiga T, Hashiguchi M. Meta-analysis comparing direct oral anticoagulants versus vitamin K antagonists in patients with left ventricular thrombus. PLoS One. 2021 Jun 4;16(6):e0252549. doi: 10.1371/journal.pone.0252549.
  • Ozawa H, Ueno S, Ohno-Tanaka A, Sakai T, Hashiguchi M, Shimizu M, Fujinami K, Ahn SJ, Kondo M, Browning DJ, Shinoda K, Yokogawa N. Ocular findings in Japanese patients with hydroxychloroquine retinopathy developing within 3 years of treatment. Jpn J Ophthalmol. 2021 Jul;65(4):472-481. doi: 10.1007/s10384-021-00841-9. Epub 2021 May 20.
  • Ito G, Kawakami K, Aoyama T, Yokokawa T, Nakamura M, Ozaka M, Sasahira N, Hashiguchi M, Kizaki H, Hama T, Hori S. Risk factors for severe neutropenia in pancreatic cancer patients treated with gemcitabine/nab-paclitaxel combination therapy. PLoS One. 2021 Jul 14;16(7):e0254726. doi: 10.1371/journal.pone.0254726.
  • Kizaki H, Ota T, Mashima S, Nakamura Y, Kiyokawa S, Kominato H, Satoh H, Sawada Y, Hori S. Questionnaire survey investigation of the present status of dietetic consultation at community pharmacies from the perspectives of registered dietitians and pharmacists. BMC Health Serv Res. 2021 Sep 8;21(1):935. doi: 10.1186/s12913-021-06959-3.
  • Kizaki H, Mochizuki M, Yoshida Y, Ishikawa K, Ohishi M, Satoh H, Sawada Y, Hori S. Information provision and retrieval by registered salespersons from consumers during over-the-counter drug sales - a questionnaire survey. BMC Health Serv Res. 2021 Dec 13;21(1):1333. doi: 10.1186/s12913-021-07343-x.

原著論文(邦文)

  • 児島惠美子, 柳奈津代, 佐藤宏樹,堀里子, 澤田康文, 現場薬剤師の薬剤師国家試験実務関連問題に対する意識と評価.医薬品情報学, 22(4): 185-192,2021.
  • 森玲奈, 孫大輔, 渡辺雄貴, 北村智, 堀里子, 高齢者のヘルスリテラシー向上を目指す情報検索ワークショップ.日本教育工学会論文誌, 44(Suppl.):69-72, 2021.
  • 田口 和明, 榎木 裕紀, 有賀 聡美, 榊原 幹夫, 堀 里子, 山浦 克典, 松元 一明.健康セミナー参加者におけるセルフメディケーション税制に関する実態調査と税制改定に向けた課題の抽出.医療薬学,2021. 05; 47(5):256-263
  • 田口 和明, 榎木 裕紀, 有賀 聡美, 榊原 幹夫, 堀 里子, 山浦 克典, 松元 一明.セルフメディケーション税制に対する新人薬局薬剤師の認知・見解実態把握調査.医療薬学,2021. 07; 47(7):358-363

国際学会発表

  • Ikegami K, Hashiguchi M, Kizaki H, Yasumuro O, Funakoshi R, Hori S. Development Of Risk Prediction Model For Hypocalcemia In Bone Metastasis Patients Treated With Denosumab Plus Natural Vitamin D/Ca Supplement. ISPE's 13th Asian Conference On Pharmacoepidemiology (ACPE2021). 2021 Oct.(E-Poster)selected for Spotlight Poster

国内学会発表

  • 箱田早和子,橋口正行,堀里子. メタ解析を用いた統合失調症維持期における第二世代抗精神病薬の減量投与の有用性の検討. 日本薬学会第141年会,広島,2021.3.28(口頭発表・オンライン)
  • 茶谷良一,上村忠聖,鈴木信也,小松原江里子,林誠一,橋口正行,木崎速人,堀里子.非イオン性ヨード造影剤の副作用発現回避のための予防薬投与の有用性評価. 日本薬学会第141年会,広島, 2021.3.28(口頭発表・オンライン)
  • 飯野温,橋口正行,堀里子. 支払い意思額と一人あたりのGDPを元にした増分費用効果閾値の範囲の探索.日本薬学会第141年会,広島,2021.3.28(口頭発表・オンライン)
  • 前迫大典,小川亮,児玉亮二,須永賢太,喜納信也,木崎速人,堀里子.薬剤師によるオンライン相談の実態調査.日本薬学会第141年会,広島,2021.3.28(口頭発表・オンライン)
  • 明貝怜美,澤井夏海,須藤洋行,佐藤宏樹,藤田行代志,三島八重子,木崎速人,堀里子,澤田康文.保険薬局におけるがん薬物療法に関連した疑義照会事例の解析.日本薬学会第141年会,広島, 2021.3.28(口頭発表・オンライン)
  • 池上慶祐,橋口正行,木崎速人,堀里子. 大規模データベースを用いたデノスマブ投与による重篤な低Ca血症発生状況に及ぼす患者背景の検討. 日本薬学会第141年会,広島,2021.3.27(口頭発表・オンライン)
  • 佐川晴香,上村忠聖,鈴木信也,林誠一,吉川康大,木崎速人,堀里子.調剤時の薬剤取違いに及ぼす薬名類似と薬効類似の影響.日本薬学会第141年会,広島,2021.3.27(口頭発表・オンライン)
  • 吉田佳代,橋口正行,堀里子.2型糖尿病治療における併用薬物療法の費用対効果分析.日本医療薬学会第4回フレッシャーズ・カンファランス,2021年6月(口頭発表・オンライン) 優秀発表賞
  • 渡邊聖也,木﨑速人,堀里子.患者の自覚症状聞き取りアプリケーションの開発と評価.日本医療薬学会第4回フレッシャーズ・カンファランス,2021年6月(口頭発表・オンライン) 優秀発表賞
  • 渡邉 知生,矢田 竣太郎,荒牧 英治,矢島 弘士,木﨑 速人,堀 里子.自然言語処理モデル BERT を用いた乳がん患者ブログからの悩み抽出手法の検討.第23回日本医薬品情報学会学術大会,2021年6月(口頭発表・オンライン)学生優秀演題
  • 岡田 拓郎,橋口 正行,堀 里子.潜在クラス分析を用いた抗インフルエンザ薬の有害事象発症要因の検討.第23回日本医薬品情報学会学術大会,2021年6月(口頭発表・オンライン)
  • 茶谷 良一,上村 忠聖,鈴木 信也,小松原 江里子,林 誠一,橋口 正行,木﨑 速人,堀 里子.非イオン性ヨード造影剤の副作用発症の予測モデルの構築および検証.第23回日本医薬品情報学会学術大会,2021年6月(口頭発表・オンライン)
  • 木﨑 速人,山本 大輔,佐藤 宏樹,馬来 秀行,益子 幸太郎,小西 ゆかり,堀 里子,澤田 康文.半構造化インタビューに基づく介護施設での服薬介助時に発生する誤薬の要因分析.第23回日本医薬品情報学会学術大会,2021年6月(口頭発表・オンライン)
  • 堀里子,木﨑速人,橋口正行.薬学部を有する大学・薬科大学を対象とした副作用報告に関連した教育の実態調査.第23回日本医薬品情報学会学術大会,2021年6月(口頭発表・オンライン)
  • 田口和明, 榎木裕紀, 有賀聡美, 榊原幹夫, 堀 里子, 山浦克典, 松元一明.健康セミナー参加者を対象としたセルフメディケーション税制に関する実態調査.第31回日本医療薬学会,熊本,2021年10月(ポスター発表・オンライン)
  • 上村 忠聖,茶谷 良一,鈴木 信也,小松原 江里子,林 誠一,橋口 正行,木﨑 速人,堀 里子.非イオン性ヨード造影剤の副作用発症のリスク因子解析.第31回日本医療薬学会,熊本,2021年10月(口頭発表・オンライン)
  • 堀里子.シンポジウム52 多様な薬剤師の進路における女性のキャリアパス、働き方、未来像を考える:医薬品情報学の研究者としてのキャリアパス.第31回日本医療薬学会年会,2021年10月(シンポジスト・オンライン)
  • 西岡諭史, 渡邉知生, 淺野真輝, 川上和宜, 矢田竣太郎, 荒牧英治, 矢島弘士, 木﨑速人, 堀里子.自然言語処理を用いた患者ブログからの手足症候群発症ユーザー抽出手法の構築.第41回 医療情報学連合大会(第22回日本医療情報学会学術大会),名古屋,2021年11月(口頭発表)
  • 吉川康大,上村忠聖,佐川晴香,鈴木信也,林誠一,木﨑速人,堀里子.医薬品類似度評価指標を活用した調剤時における薬剤取違えの要因分析.第16回 医療の質・安全学会学術集会,2021年11月(口頭発表・オンライン)
  • 佐藤倫広,目時弘仁,堀 里子,小原 拓,眞野成康.全国大学医学部における医薬品・医療機器等安全性情報報告制度に関わる授業内容の実態.第42回日本臨床薬理学会学術大会, 2021年12月 (口頭発表・オンライン)

著書

  • 堀里子.医療現場における医薬品情報の加工と提供. 医薬品情報学 第5版. 望月眞弓,武立啓子,堀里子編. 山崎幹夫 監. 東京大学出版会,pp96-109 (2021.3).
  • 木﨑速人, 堀里子. セルフメディケーション/一般用医薬品・漢方薬・保健機能食品 (臨床薬学テキストシリーズ). 乾賢一 監.望月眞弓, 渡辺謹三, 渡辺賢治 編. 中山書店,2021年9月,担当ページ135-154


2020

原著論文(英文)

  • Matsuoka K, Hamada S, Shimizu M, Nanki K, Mizuno S, Kiyohara H, Arai M, Sugimoto S, Iwao Y, Ogata H, Hisamatsu T, Nagauma M, Kanai T, Mochizuki M, Hashiguchi M. Factors contributing to the systemic clearance of infliximab with long-term administration in Japanese patients with Crohn's disease: Analysis using population pharmacokinetics.Int J Clin Pharmacol Ther . 2020 Feb;58(2):89-102. doi: 10.5414/CP203569.
  • Kido K, Shimizu M, Shiga T, Hashiguchi M. Meta-Analysis Comparing Direct Oral Anticoagulants Versus Warfarin in Morbidly Obese Patients With Atrial Fibrillation. Am J Cardiol. 2020 Jul 1;126:23-28. doi: 10.1016/j.amjcard.2020.03.048. Epub 2020 Apr 8.
  • Kabeya K, Satoh H, Hori S, Miura Y, Sawada Y. Threshold Size of Medical Tablets and Capsules: Based on Information Collected by Japanese Medical Wholesaler. Patient Prefer Adherence. 2020 Jul 22;14:1251-1258. doi: 10.2147/PPA.S253663.
  • Kabeya K, Satoh H, Hori S, Miura Y, Sawada Y. Characteristics of "Hard-to-Use" Press-Through-Package Sheets: An Analysis of Information Collected by Marketing Specialists of a Japanese Medical Wholesaler. Patient Prefer Adherence. 2020 Jul 27;14:1267-1274. doi: 10.2147/PPA.S254040.
  • Kido K, Shimizu M, Shiga T, Hashiguchi M. Network Meta-Analysis Comparing Apixaban Versus Rivaroxaban in Morbidly Obese Patients With Atrial Fibrillation. Am J Cardiol. 2020 Nov 1;134:160-161. doi: 10.1016/j.amjcard.2020.09.003. Epub 2020 Sep 9.

原著論文(邦文)

  • 木崎速人, 白石朗, 鳥居雄治, 石井貴之, 馬来秀行, 三木晶子, 佐藤宏樹, 山本大輔, 小西ゆかり, 舟橋健一, 臼井順信, 堀里子, 澤田康文.ワークショップを用いた、介護施設における介護スタッフ・看護師・薬剤師の連携に関する問題点の抽出とその対応策の検討介護施設入居者の適正な服薬を目指した取り組み.医薬品情報学, 22(1): 44-52,2020.

国際学会発表

  • Kawakami K,Ito G,Aoyama T,Yokokawa T,Nakamura M,Ozaka M,Sasahira N,Hashiguchi M,Kizaki H,Hama T,Hori S. Risk factors for severe neutropenia among pancreatic cancer patients receiving nab-paclitaxel and gemcitabine combination therapy. Gastrointestinal Cancers Symposium,San Francisco,January 24,2020(ポスター発表)

国内学会発表

  • 松本優作,木﨑速人,池田裕樹,仲村昌平,喜納信也,永井尭範,那須隆史,宮本興治,堀里子. オンライン服薬指導を受ける患者から見たその利点や課題点:半構造化インタビューによる探索的調査. 日本薬学会,第140年会,2020.2.28(要旨公開)講演ハイライト選出
  • 太田十夢,木﨑速人,藤村佳美,清川晶子,小湊英範,佐藤宏樹,澤田康文,堀里子.管理栄養士及び薬剤師を対象とした保険薬局における栄養相談の実態調査.日本薬学会第140年会,2020.2.28(要旨公開)
  • 木﨑速人,望月美里,堀里子,佐藤宏樹,吉田豊,石川香織,大石美也,澤田康文.一般用医薬品販売における登録販売者−消費者間の情報収集・提供に影響を与える因子の解析. 日本薬学会第140年会, 2020.2.28(要旨公開)
  • 吉田豊,望月美里,堀里子,三木晶子,佐藤宏樹,石川香織,大石美也,澤田康文.登録販売者を対象としたワークショップ型研修プログラムの開発. 日本薬学会第140年会, 2020.2.28(要旨公開)
  • 森玲奈,孫大輔,渡辺雄貴,北村智,堀里子.高齢者の主体的健康情報探索を促すワークショップの開発.日本老年社会科学会第62回大会,札幌,2020.6.6-7(誌上発表)
  • 堀里子.ワークショップ7患者との対等な対話を通して臨床スキル向上を図る~実践的取り組みの体験を通して~:事例紹介~ペイシェントサロン協会の活動について~,第5回日本薬学教育学会大会(ウェブ開催),2020.9.13
  • 堀里子.シンポジウム1地域包括ケアシステムの中で薬剤師・薬局が担うべき機能とは:地域包括ケアシステムの中で薬剤師・薬局が担う役割, 第13回日本在宅薬学会学術大会(配信期間:2020年9月13日〜27日),長崎(シンポジスト,オンライン)
  • 池田百合香,佐藤宏樹,柳奈津代,益子幸太郎,木崎速人,山本大輔,馬来秀行,小西ゆかり,雨宮潤美,堀里子,澤田康文.サービス付き高齢者向け住宅1施設における服薬介助に伴うインシデントおよびその要因の分析.第30回医療薬学会年会,名古屋,2020年10月(口頭発表・オンライン)
  • 宗方伸樹,木崎速人,益子幸太郎,山本大輔,馬来秀行,小西ゆかり,佐藤宏樹,澤田康文,堀里子.入居者背景が介護施設における服薬に関するインシデント発生に及ぼす影響の解析.第30回医療薬学会年会,2020年10月(口頭発表・オンライン)
  • 角田望,木崎速人,大島央子,石崎雅人,野呂幾久子,飯岡緒美,中野重行,堀里子.フォーカスグループインタビューを用いた臨床研究コーディネーターによる被験者ケアにおける課題の抽出.第20回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2020,2020年11月(ポスター発表・オンライン)
  • 清水美貴子, 水谷栄祐, 松尾美奈子, 橋口正行.メトトレキサートを用いた関節リウマチ療法におけるインフリキシマブおよびバイオシミラー併用投与の有用性の比較. 第41回日本臨床薬理学会学術総会,福岡,2020.12.3(ポスター発表)


2019

原著論文(英文)

  • Akiyama S, Matsuoka K, Fukuda K, Hamada S, Shimizu M, Nanki K, Mizuno S, Kiyohara H, Arai M, Sugimoto S, Iwao Y, Ogata H, Hisamatsu T, Naganuma M, Motobayashi M, Suzuki K, Takenaka K, Fujii T, Saito E, Nagahori M, Ohtsuka K, Mochizuki M, Watanabe M, Hashiguchi M, Kanai T. Long-term effect of NUDT15 R139C on hematologic indices in inflammatory bowel disease patients treated with thiopurine. J Gastroenterol Hepatol. 2019 Oct;34(10):1751-1757. doi: 10.1111/jgh.14693. Epub 2019 Jun 26.
  • Kido K, Shimizu M, Hashiguchi M. Comparing torsemide versus furosemide in patients with heart failure: A meta-analysis. J Am Pharm Assoc. 2019 May-Jun;59(3):432-438. doi: 10.1016/j.japh.2019.01.014. Epub 2019 Mar 4. PMID: 30846351.

原著論文(邦文)

  • 壁矢健司,佐藤宏樹,堀里子,三木晶子,三浦康正,澤田康文.MSによる医薬品市販後情報収集に関する課題と解決策のワークショップを用いた検討.医薬品情報学. 21(2): 49-56,2019.

国際学会発表

  • Kaseda D,Hashiguchi M,Kizaki H,Hori S. Identification of background factors affecting the risk of specific adverse drug reactions in patients receiving dipeptidyl peptidase 4 inhibitors. ISPE's 12th Asian Conference on Pharmacoepidemiology,Kyoto, Oct 11-13, 2019.(ポスター発表)
  • Yokogawa N, Hashiguchi M, Nagai Y, Shimada K, Sugii S, Oshima M, Setoguchi, Shimizu M. Pharmacokinetics of hydroxychloroquine in systemic lupus erythematosus patients with renal impairment. 2019 ACR/ARP Annual Meeting,Atlanta,Georgia, USA Nov 8-13, 2019. (ポスター発表)

国内学会発表

  • 立矢由佳, 佐藤宏樹, 三木晶子, 堀里子, 澤田康文.中高年慢性疾患患者における服薬の生活化プロセスに関する質的研究. 日本薬学会第139年会,千葉,2019.3.22(口頭発表)
  • 児島惠美子, 佐藤宏樹, 柳奈津代, 堀里子, 澤田康文.現場薬剤師の薬剤師国家試験問題に対する意識と理解度.日本薬学会第139年会,千葉,2019.3.22(ポスター発表)
  • 橋口正行.教育講演9「論文作成のすゝめ」第36回日本TDM学会・学術総会, 東京, 2019.5.26
  • 佐藤宏樹,玉木啓文,森和明,堀里子,三木晶子,三浦康正,藤原眞理子,澤田康文.患者向け薬剤師業務紹介動画の調剤待ち時間におけるタブレット端末での提供と評価.第22回日本医薬品情報学会総会・学術大会,札幌,2019.6.29(口頭発表).
  • 堀里子. 医薬品情報の読み解き方・活かし方. 教育講演2学会発表・論文作成・在宅業務で役立つ医療情報の探索と活用法. 第12回日本在宅薬学会学術大会,名古屋, 2019.7.14.
  • 児島惠美子,佐藤宏樹,堀里子,澤田康文.高等学校の進路指導担当教員は薬学部・薬剤師のコミュニケーション能力の必要性・重要性をどう考えているか?第4回日本薬学教育学会,大阪,2019.8.25(ポスター発表)
  • 勝田直子,堀里子,藤村佳美,佐藤宏樹,澤田康文.地域薬局勤務の栄養士を対象とした臨床事例に基づく研修システムの構築.第41回日本臨床栄養学会総会・第40回日本臨床栄養協会総会第17回大連合大会,名古屋,2019.10.26(口頭発表)
  • 佐藤宏樹,壁矢健司,堀里子,三浦康正,澤田康文.患者にとって適切な錠剤・カプセル剤の形状を評価する指標と閾値.第29回日本医療薬学会年会,福岡,2019.11.2(口頭発表)
  • 木崎速人,堤桃花,山本大輔,馬来秀行,益子幸太郎,小西ゆかり,浅井康平,佐藤宏樹,堀里子,澤田康文.介護付き有料老人ホームにおける服薬に関連したインシデントの施設ごとの特徴.第29回日本医療薬学会年会,福岡,2019.11.3(口頭発表)
  • 池田百合香,佐藤宏樹,柳奈津代益子幸太郎,木崎速人山本大輔,馬来秀行,小西ゆかり,浅井康平,堀里子,澤田康文.サービス付き高齢者向け住宅における服薬介助に伴うインシデントの分析.第29回日本医療薬学会年会,福岡,2019.11.3(口頭発表)
  • 名倉慎吾,佐藤宏樹,柳奈津代,堀里子,澤田康文.スマートフォン向け位置情報ゲームが利用者の臨床検査値と薬物治療に及ぼす効果.第29回日本医療薬学会年会,福岡,2019.11.3(口頭発表)
  • 堀里子. シンポジウム32 薬剤師の視点で見出した問題点を解決する創薬・育薬研究~自らエビデンスを構築する未来の薬剤師像~:薬局における医療薬学研究,第29回日本医療薬学会年会,福岡,2019.11.3
  • 清水美貴子,横川直人,杉井章二,瀬戸口京吾,大島美穂,古舘澄人,井沼道子,三浦裕也,橋口正行. 日本人ループス腎炎患者におけるヒドロキシクロロキンの適正使用に関する検討. 第40回日本臨床薬理学会学術総会,東京,2019.12.6(ポスター発表)
  • 森玲奈,孫大輔,渡辺雄貴,北村智,堀里子.高齢者の健康学習を促すワークショップの開発.日本教育工学研究会(19-5情報モラル教育の実践/一般),神奈川,2019.12.14(口頭発表)

著書

  • 堀里子. 第5章薬剤師による医薬品情報の評価・構築・提供. 1. 医薬品情報の信頼性・科学的妥当性の評価. 図解医薬品情報学改訂4版,折井孝男編.南山堂,pp180-192(2019.10).
  • 川上和宜,堀里子,松尾宏一編.アドヒアランスに着目した経口抗がん薬服薬支援マニュアル, 南山堂,386p(2019.11).