研究目標

医薬品情報学講座では,情報学を基盤とした学際的なアプローチにより,医療や地域社会における諸課題の解決に取り組んでいます.特に,薬学的視座での疾患予防・治療の個別最適化と医療安全の推進を中心に据えています.リアルワールド(医療現場,地域や生活の場)における“情報”(= 医療・健康情報)の収集, 解析・評価, 検証(ラボワークも含む),それらを通じた新規のエビデンス・システムの創出までを目指しています.研究の実施にあたっては,情報やデータを扱う多様な関連分野とのインタラクションや他分野との融合が求められます.このため,当講座では関連分野の研究手法を取り入れた研究や異分野研究者との共同研究に積極的に取り組んでいます.また,医療・介護の現場で働く医療者(薬剤師をはじめとする多職種)や関与者(患者,地域コミュニティも含む)との協働で進める研究が多いのも講座の特徴です.医療や地域社会への研究成果の還元を常に念頭におき,自由で柔軟な発想を大切にしながら,薬学的視座でヘルスケアの未来を創る研究に邁進したいと考えています.


研究内容

1. 医療・健康情報の収集・共有と活用に関する研究
疾患予防・治療の個別最適化と医療安全を推進するうえでは,医療や地域社会における課題やニーズを迅速に捉えることが不可欠です.当講座では,地域薬局を核として医療・健康情報を効率的に収集・共有し,活用するためのヘルスケアモデルの確立と実装を目指しています.これらのモデルを通じて集積された医療・健康情報を活用して,薬物治療の個別適正化のためのエビデンス創製(副作用予測モデル等),医療安全のためのエビデンス創製(投薬ミスの事前予測法の確立等)を進めています.このほか,非医療データを医療に活用するための研究(例:SNSからの治療上の悩みや副作用症状抽出技術の開発)にも注力しています.


2. 医療・健康情報の解析・評価,実装に関する研究
臨床現場における諸課題を解決するための研究として,医薬品や健康食品の有効性・安全性・経済性に関する新規評価法の確立や新規エビデンスの創製,機械学習を用いた医薬品取り違え防止システムの開発,薬物治療の個別化に関する研究,薬物治療における意思決定支援のための研究などに取り組んでいます.薬物治療の個別化に関する研究では,薬物治療の効果,副作用や相互作用などの情報(とりわけ個人差)に焦点をあて,その要因について実験的な臨床薬理学的手法,疫学的手法を応用して,個別化療法の確立を目指します.


研究テーマ

2021年度卒業研究:
(薬学科)
• 固形癌骨転移患者を対象とした天然型ビタミンD/Ca配合剤併用下でのデノスマブ投与に伴うGrade2以上の低Ca血症発症リスク予測モデルの構築
• ゲムシタビン・ナブパクリタキセル療法における好中球減少症の発症リスク因子解析及び骨髄抑制発症後の実態調査
• ペムブロリズマブ投与患者における免疫関連有害事象の実態調査
• 薬局における管理栄養士による栄養相談の実態調査
• 保険薬局における薬剤師による患者フォローアップの実態調査
• 患者コミュニティへの参加が健康管理への積極性に及ぼす影響
• 自然言語処理モデルBERTを用いた乳がん患者ブログからの悩み抽出方法の開発
• 簡易型脳波計を用いたデクスメデトミジンのせん妄患者の脳波への影響の検討
• 心血管疾患・腎疾患高リスク患者における2型糖尿病併用療法の費用対効果分析
• ヒト唾液DNAによるNAT1遺伝子型測定法の確立

(薬科学科)
• 非小細胞肺がん患者における免疫チェックポイント阻害薬の使用実態調査
• 自然言語処理を用いた乳がん患者ブログ記述内容の特徴分析


2020年度修論研究:
• 非イオン性ヨード造影剤の副作用回避のための予防薬の有用性評価とリスク予測モデルの構築


2020年度卒業研究:
(薬学科)
• アプリを活用した副作用発見手法の開発と評価
• 薬剤師によるオンライン健康相談の実態調査
• がん薬物療法に関連した疑義照会解析に基づく保険薬局の役割の実態調査
• 薬剤師による調剤時の薬剤取違えに及ぼす医薬品類似性と処方頻度の影響
• 介護施設における服薬に関するインシデントの実態解析と入居者要因が及ぼす影響の解析
• 潜在クラス分析を用いた消炎鎮痛貼付剤の使い勝手に関する情報の解析
• メタ解析を用いた統合失調症維持期における 第二世代抗精神病薬の減量投与の有用性の検討
• 臨床研究コーディネーターを対象としたフォーカスグループインタビューを用いた治験における被験者ケアの課題の抽出
• 支払い意思額と一人あたりの GDP を元にした増分費用対効果閾値の範囲の探索

(薬科学科)
• サービス付き高齢者向け住宅における転倒と薬剤の関連性の検討
• 片仮名の特徴を考慮した新規薬名類似度指標の構築と評価
• 市販後の医薬品安全性監視における潜在クラス分析の有用性 〜ノイラミニダーゼ阻害薬での検討〜


2019年度卒業研究:
(薬学科)
• 登録販売者のOTC医薬品販売現場における疑問・質問・悩みの内容分析
• 薬局での栄養士・薬剤師による栄養相談に関する実態調査
• 医薬品適正使用の推進を目指した市民向けワークショップの開発と評価
• サービス付き高齢者向け住宅における高齢者の転倒リスク因子の解析
• 機械学習を用いたがん体験者ブログからの手足症候群抽出手法の開発
• 膵臓がん患者におけるゲムシタビン・ナブパクリタキセル併用療法での好中球減少症のリスク因子の抽出および発症予測モデルの構築
• 副作用発現に関連する患者背景因子検出法としての潜在クラス分析の有用性~DPP-4阻害薬での検討~
• 簡易型脳波計測装置による抗うつ剤の脳波への影響性の解析

(薬科学科)
• 高齢者介護施設における薬剤師によるDeprescribing介入事例の検討


2018年度卒業研究:
(薬学科)
• 高齢者介護施設における 服薬インシデントの実態の解明
• 保険薬局におけるがん薬物療法に関連した疑義照会事例の解析
• 医薬品卸のmarketing specialist(MS)により収集された薬剤切り替え情報の解析
• 潜在クラス分析によるスティーヴンス・ジョンソン症候群発症患者特性の検討
• 近赤外線分光法による健康人の脳血流変化量の測定法の確立
• フォーカスグループインタビューを用いた臨床研究コーディネーターの被験者ケアにおける課題の探索的調査


人を対象とする生命科学・医学系研究に関するお知らせ

本講座では,慶應義塾大学薬学部人を対象とする研究倫理委員会の承認及び薬学部長の許可のもと,倫理指針及び法令を遵守して,患者の診療情報等を用いた医学研究を実施しています.現在実施中の研究は以下のとおりです.各研究のご協力依頼内容,問い合わせ先等については,リンクをクリックしてご覧ください.


研究課題:オンラインでの消費者から薬剤師への⼀般⽤医薬品購⼊・使⽤に関する相談記録の解析 ー新型コロナウイルス感染症の流⾏に伴う相談傾向の変化ー
研究実施期間:2021年7月〜2023年3月
ご協力のお願い・研究に関する問い合わせ先(PDF)



研究課題:保険薬局における管理栄養士による栄養相談の実態調査
研究実施期間:2020年11月〜2023年3月
ご協力のお願い・研究に関する問い合わせ先(PDF)



研究課題:造影剤の使用による急性副作用発症のリスク因子の解析および発症予測モデルの構築
研究実施期間:2019年6月〜2023年3月
ご協力のお願い・研究に関する問い合わせ先(PDF)