研究目標

医薬品は,製造販売承認を受けた時点での情報は十分ではありません.したがって,市販後に見出されるさまざまな課題(医薬品の有効性・安全性情報,インシデント・アクシデント事例,ニーズ等)を育薬研究により解決し,得られた新しい情報を付加してより正しく安全に医薬品を使っていくこと,それらの情報を創薬にフィードバックすることが重要です.このサイクルをしっかりまわすことが,医療現場においても,そして医薬品にとっても望ましい姿であると考えられます.

医薬品情報学講座では,医薬品適正使用と育薬の推進を研究目標として,臨床現場における諸課題(=市販後情報)を効率的に見つけ出す仕組みを新たに作り,そこから見つけ出した課題を種々のアプローチで解決し,最終的には新規の医薬品情報やシステムの実装といった形で臨床現場に還元したり,医薬品の改良・進化の提案につなげることを目指します.


研究内容

1. 市販後情報の収集・共有と活用に関する研究
本講座では,地域医療・介護の現場から,医療者等(薬剤師/医師/介護士/栄養士/登録販売者/医薬品卸MS)や患者を通じて市販後情報を収集・共有するシステム(プラットフォーム)を構築・運用しています.これらのシステムを介して集積された膨大な市販後情報を活用して,医薬品使用におけるトラブル・ミスの事前予測法の確立や医薬品の製剤や包装の事前最適化を進めています.


2. 市販後情報の解析・評価,実装に関する研究
市販後情報収集・共有システム等を通じて捉えた諸課題を解決するための研究を行っています.例えば,医薬品や健康食品の有効性・安全性・経済性に関する新規評価法の確立や新規情報の創製,投薬ミス回避システムの開発,臨床薬理学的手法や疫学的手法を用いた薬物治療の個別化に関する研究が挙げられます.


3. 医薬関係者(医療者・患者等)間コミュニケーションに関する研究
薬物治療上問題が生じた事例を解析していくと,薬学的知識のみでは解決できない問題が山積していることが分かってきます.その中には,患者・家族・介護者による薬の誤用,薬に対する誤解・不信,医療者がそれらの患者情報を患者と共有し,適切な意思決定につなげられていないといった医療コミュニケーション,EBM実践上の問題も挙げられます.これらの問題解決のために,社会科学的なアプローチ法を用いた研究を行っています.


医薬品情報学の研究では,情報を扱う多くの学問領域,さらに社会科学の学問領域とのインタラクションが求められます.本講座でも関連分野の研究手法の導入や異分野研究者との共同研究に積極的に取り組んでいます.また,研究のフィールドとなる地域医療・介護の現場で働く医療者(薬剤師をはじめとする多職種)や医薬品関連企業・団体との協働で進める研究が多いのも講座の特徴です.臨床現場や育薬への還元を常に念頭におき,自由で柔軟な発想を大切にしながら,医薬品適正使用と育薬(薬の安心安全)を推進する研究を進めていきたいと考えています.


研究テーマ

2020年度卒業研究:
(薬学科)
• アプリを活用した副作用発見手法の開発と評価
• 薬剤師によるオンライン健康相談の実態調査
• がん薬物療法に関連した疑義照会解析に基づく保険薬局の役割の実態調査
• 薬剤師による調剤時の薬剤取違えに及ぼす医薬品類似性と処方頻度の影響
• 介護施設における服薬に関するインシデントの実態解析と入居者要因が及ぼす影響の解析
• 潜在クラス分析を用いた消炎鎮痛貼付剤の使い勝手に関する情報の解析
• メタ解析を用いた統合失調症維持期における 第二世代抗精神病薬の減量投与の有用性の検討
• 臨床研究コーディネーターを対象としたフォーカスグループインタビューを用いた治験における被験者ケアの課題の抽出
• 支払い意思額と一人あたりの GDP を元にした増分費用対効果閾値の範囲の探索


2019年度卒業研究:
(薬学科)
• 登録販売者のOTC医薬品販売現場における疑問・質問・悩みの内容分析
• 薬局での栄養士・薬剤師による栄養相談に関する実態調査
• 医薬品適正使用の推進を目指した市民向けワークショップの開発と評価
• サービス付き高齢者向け住宅における高齢者の転倒リスク因子の解析
• 機械学習を用いたがん体験者ブログからの手足症候群抽出手法の開発
• 膵臓がん患者におけるゲムシタビン・ナブパクリタキセル併用療法での好中球減少症のリスク因子の抽出および発症予測モデルの構築
• 副作用発現に関連する患者背景因子検出法としての潜在クラス分析の有用性~DPP-4阻害薬での検討~
• 簡易型脳波計測装置による抗うつ剤の脳波への影響性の解析

(薬科学科)
• 高齢者介護施設における薬剤師によるDeprescribing介入事例の検討


2018年度卒業研究:
(薬学科)
• 高齢者介護施設における 服薬インシデントの実態の解明
• 保険薬局におけるがん薬物療法に関連した疑義照会事例の解析
• 医薬品卸のmarketing specialist(MS)により収集された薬剤切り替え情報の解析
• 潜在クラス分析によるスティーヴンス・ジョンソン症候群発症患者特性の検討
• 近赤外線分光法による健康人の脳血流変化量の測定法の確立
• フォーカスグループインタビューを用いた臨床研究コーディネーターの被験者ケアにおける課題の探索的調査